またサボり?!仕事しない職場の同僚にイライラした時の対処法と付き合い方

仕事しない職場の同僚にイライラしてる男性

職場によくいる、仕事をしない同僚に困っている人は多いですよね。

  • 上司の前では仕事をしているフリをする
  • 面倒な仕事は上手に避ける
  • 簡単な仕事しかしない
  • トイレやタバコを吸いに出かけたまま帰って来ない

こんな同僚と仕事をしていると、いつも自分が損ばかり……。本当にイライラしますよね。

何しに会社に来てるの?と腹が立つだけでなく、いつも自分が損な役回りをさせられる羽目になるのも困りものです。

なぜ会社に来ているのに仕事をしないのか?そんな困った人の特徴と、振り回されないための対策方法をご紹介します。

【2019年版】人気転職エージェント総合ランキング
1位:マイナビエージェント 20代と第二新卒の転職に強い!  
2位:doda 親身になってサポートしてくれる
3位:リクルートエージェント 豊富な求人数と高い内定率を誇る

スポンサーリンク

どこにでもいる?仕事しない同僚の5つの特徴

仕事をしない同僚

仕事をしない人はどの会社にもいます。

なるべく楽な仕事しかしない、すぐ言い訳をして人に仕事を押しつけるなど、真面目に仕事をしている人ほど迷惑をかけられてしまいますよね。

そんな仕事をしない同僚の特徴について、詳しくご紹介します。

 

1.仕事に対して無気力

とにかく仕事をしようという気持ちが感じられない、無気力な人ほど仕事をしません。

このタイプの人の口癖は、「どうせ頑張っても給料変わらないし」。

もちろん働く対価は必要ですが、「ちゃんと仕事をしなければそもそも評価してもらえない」ということまで考えていないのがこのタイプです。

さらに無気力なので時間にもルーズで、会議では寝てばかりなど、周りの人がいつも尻拭いをする羽目になります。

 

2.会社の批判ばかりしている

ある程度会社に慣れてきて、上の立場に立つと何かと会社への批判をしたがる人も、口だけはよく動きますが仕事をしません。

仕事に慣れてきているので、「これはアイツにやらせよう」と人に押しつけることも上手です。

そのくせ人にお説教をしたり、仕事のやり方を批判したりしますね。

このタイプが上司だと、仕事を押しつけられても反論できないので面倒です。

 

3.最低限の仕事しかしようとしない

「もらえるお金が一緒なら無駄なことはしたくない」と考え、自身の考えている仕事の範囲でしか働かない人も、職場の困りものです。

もちろん無駄な時間を費やすよりも、定時にきちんと自分の仕事を終わらせるのであれば、それはきちんと仕事ができているということにはなりますよね。

ただ、会社は周りの人と協力し合い、チームとして稼働しているもの。

時にはその人の担当でなくても、「手を貸して欲しいな」と思ってお願いされることもあります。

でも、働かない人は仕事を協力し合うことより自分のことしか考えていないので、手が空いているとしても助けてはくれず、それを悪いこととも思いません。

 

4.経験を積んでいるので仕事を軽く見ている

仕事をしない人は、会社でも中堅の位置にある人に多い傾向があります。

それは、ある程度仕事の流れや内容を理解していて、仕事ができるからでもありますね。

その場合、「もう自分は新人ではない」というプライドはあるので、簡単な仕事を言いつけられると「自分の仕事ではない」と平気で人に押しつけることも。

「自分にふさわしい仕事がある」と選り好みも激しく、仕事自体を軽く見る傾向にあります。

 

5.自分のことしか考えていない

働かない人は利己的な考えしかしません。

「頑張って真面目に仕事をしたところで、給料にそんなに差がつくはずがない」と思っているので、なるべく楽をしようとします。

人から助けを求められても、自分の利益にならないようなことには手を貸しません。

ただし、上司の前では「ちゃんと仕事をしていますよ」というポーズを取り、上手く立ち回ります。

 

イライラする!仕事しない同僚の4つの心理

仕事をしない同僚

職場で仕事をしない人と一緒にいると、余計な仕事をさせられたりして迷惑でしかありません。

ただ、職場で働かない人は、その人なりに働かない・働きたくない理由を抱えていることもあります。その心理について詳しく見ていきましょう。

 

1.自分が会社でたいした地位にいないと考えている

会社で自分が評価されていない、また期待されていないと考えていて、「どうせ頑張っても意味がない」と考えて無気力になり、仕事の意欲を失っていることがあります。

また、同僚が自分より早く昇進したりして、「どうせ自分は頑張ってもああはなれない」とあきらめていて、仕事に対してやる気が出ない状態にいるということも。

「そこそこ仕事をしていれば文句も言われないだろう」と考えているので、最低限の仕事しかしないようになってしまっているのです。

 

2.働きたくないと思っている仲間同士で集まり不満を抱えている

仕事や待遇に不満があるものの、それを会社に訴えたり、自分たちで改善しようとはしない人たちが集まった結果、仕事をしない人ばかりになってしまうことがあります。

ただ会社への不満をぶつけあうだけで、建設的な話は全くしないため、お互いに仕事に対する気持ちやテンションがどんどん下がってしまい、仕事をしなくなるという悪循環に陥ってしまっているんですね。

 

3.働くための目標を見失っている

入社したばかりの頃は、目標やなりたい自分といったイメージがあったはずなのに、仕事に慣れ、頑張っても評価されないなどといったことを繰り返していると、「何のために自分は働いているんだろう」と目標を見失ってしまう場合があります。

その結果、働くことに対する熱意が失われてしまい、仕事をしなくなっていってしまうようになります。

 

4.自分がしなくても他の誰かがしてくれると考えている

頑張って仕事をしなくても、誰かが手助けをしてくれていると、「自分が頑張らなくても誰かがしてくれる」と考えるようになってしまいます。

「どうせ誰かが助けてくれるのだから」という考えから、人に仕事を押しつけたり人が助けてくれるまで仕事をしないといったことを平気でするようになってしまうのです。

 

無視する?仕事しない同僚に振り回されないための5つの対処法

職場の批判ばかりする人を撃退する男性

仕事をしない同僚と一緒に働いていると、自分ばかり仕事を押しつけられたり便利に使われてイライラするばかりですよね。

仕事をしない同僚に大きな顔をさせないためにも、すぐできる対処法をご紹介します。

 

1.頼まれても引き受けない

仕事をしない人から「手伝ってくれる?」と言われても、引き受けないようにしましょう。

いつも手伝っていると、「あの人はお願いすればしてくれる」と思われて、都合良く使われることになります。

ただし断る場合には、「自分の仕事が終わらないから」など、はっきり理由を言うようにしましょう。

 

2.同僚の仕事に手を貸さない・手伝わない

仕事をしない・人の仕事を手伝わないことに加え、他の同僚の仕事にも手を貸したり協力をするのをやめてみましょう。

誰かの仕事を手伝っていると、「あの人の仕事は手伝ってくれるのに、なんで私のは手伝ってくれないの?」と仕事をしない人に言いがかりをつけられることもあるからです。

ただし全く手を貸さないというわけではなく、よく周りを観察して「手伝ったらスムーズに処理できる」と思うのならその時に手伝えばいいことです。

仕事をしない人は、自分が楽をするために人に押しつけてくるので、お願いするタイミングが違います。それがわかれば、職場でトラブルになることもありません。

 

3.なぜ仕事をしないのか観察する

仕事をしない人をただ「サボり過ぎ!」と一方的に思い込むのではなく、なぜ仕事をしないのか観察してみましょう。

本人にやる気がないだけかもしれませんが、実は

  • 仕事の内容を理解できていない
  • システムに問題がある
  • 環境が悪い

など、他の要因から仕事に対する意欲を失っていることもあります。

仕事の効率が悪いといったことも観察していてわかることがあるので、腹を立てるだけではなく、一度冷静になって相手のことをよく見てみるようにしましょう。

 

4.上司や同僚に協力を頼む

働かない人が同僚の場合、「仕事して!」という一言でケンカやトラブルになることも少なくありません。

また、上司が仕事をしない人の場合、対処に困ってしまいますよね。

この場合は上司や同僚に、仕事をしない人に受けている被害を報告し、対応を相談しましょう。

自分一人の問題として抱え込むのではなく会社全体の問題とすれば、新しい解決方法が見つかることもあります。

 

5.自分の仕事に集中する

仕事をしない人に巻き込まれないためには、まずは自分の仕事に集中しましょう。

相手から声をかけづらい状況に自分を置いておけば、仕事を頼まれたり押しつけられるといったこともだんだんとなくなっていきます。

「あの人は頼んでも仕事をしてくれないな」と思わせるためにも、また仕事をしない人に気持ちを乱されないためにも、まずは自分のことに集中するようにしましょう。

 

【まとめ】仕事しない同僚を注意しない上司もいる!そんな会社なら転職も考えよう

仕事をしない同僚にイライラして転職したい男性

仕事をサボってばかり、面倒な仕事はすぐ人に押しつけるなど、上手に立ち回る仕事をしない同僚は上司にウケが良かったりするため、相談しても聞いてもらえないこともあります。

仕事しない同僚に正直に付き合って、あなたが調子を崩すようなことになっては本末転倒ですよね。

仕事はみんなの足並みが揃ってこそ。チームワークを乱す人は本来なら何らかの処分をされても仕方ありません。

でも、会社で何も対策をしてくれない・注意もしてくれない場合、会社自体の体質が良くないこともあるので、そういった場合には自分で改善を考えるよりも転職して環境を変えるのも良いでしょう。

あなたが生き生きと楽しく働ける会社は、必ずあります。

仕事をしない同僚に悩み、そのことを会社が何も対処してくれないなら、違う会社に行くことも考えてみてくださいね。

【2019年版】転職エージェント&転職サイト人気おすすめ比較ランキング

2019.01.28

 

編集部ピックアップ記事

【保存版】人間関係の良い職場の見つけ方&雰囲気の悪い会社の見分け方とは

2019.01.22

転職するべき?同僚が嫌いで仕事を辞めたい時の対処法

2019.01.24

ストレス大爆発!理不尽な上司が嫌いで仕事を辞めたい時の対処法

2019.01.25

もうイライラしない!職場の嫌いな人を気にしない6つの方法

2019.01.15

職場の幼稚な人にイライラ!ベビー社員に振り回されない対処法

2019.01.16