「推しが武道館いってくれたら死ぬ」アイドルグループCham Jamの魅力と感想!

推しが武道館いってくれたら死ぬ

画像出典:COMICリュウ公式サイト

アイドル文化が根付く日本。

メジャーシーンで活躍するアイドルグループ以外の地下アイドルやご当地アイドルを含めれば、かなりの数になるでしょう。

そんな地下アイドルの活動と、応援する情熱的な「ヲタ」の姿を描いた作品をご紹介します。

ディープな地下アイドルの世界を覗いてみましょう!

スポンサーリンク

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」ってどういうこと!?ファンとアイドルが織りなす物語をご紹介!

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」(通称:推し武道)は、月刊コミックリュウで連載されている漫画。

作者は平尾アウリ。女の子同士の関係性を丁寧に、魅力的に描いた作品で人気を呼んでいます。

作中の女の子のかわいらしいビジュアルもさることながら、彼女たちのファッションもおしゃれですね。

主役は、岡山県のご当地アイドル「Cham Jam」、通称ちゃむ。

まだまだ大人気というわけでもなく、地下のライブハウスでライブや握手会をするアイドルグループが、この作品で「推される」アイドル。

そんな、ちゃむの中でもあまり目立たないメンバーが1人。

小柄で少し内気な彼女の名前は、市井舞菜(まいな)

そしてそんな舞菜の唯一のヲタは、伝説と言われるとある女ヲタでした。

彼女の名は「えりぴよ」。握手券つきCDを買い占め、ライブは最前列を確保し、常に舞菜だけを見ている……。

舞菜のために毎日アルバイトに明け暮れ、ライブ中に鼻血を出し、舞菜のためならどんな現場にも駆けつける。

ちなみに彼女がいつも高校時代の赤ジャージを着ているのは、稼いだお金をすべて舞菜に使うため。

洋服にお金をかけている場合ではないのです。

舞菜をまっすぐに愛するえりぴよと、そんなえりぴよのことが好きだけれど、恥ずかしくてついつい塩対応になってしまう舞菜のぎくしゃくしたやりとりも魅力的。

推しのすべての時間を買い占めたいと思うえりぴよ、アイドルとしての推しの夢を支え続ける人もいれば、アイドルに恋してしまう人もいるのです。

ヲタの数だけ理想のアイドル像がある。そんなことを感じさせる作品です。

 

Cham Jamってどんなアイドルグループ?人気メンバーのエピソードをご紹介!

この作品を魅力的に彩る「Cham Jam」は、7人組のアイドルグループ。

  • リーダーでありセンターのれお
  • クールだけどファン思いの女の子・空音(そらね)
  • クールビューティーなお姉さん・眞妃(まき)
  • おっとりとして優しいゆめり
  • 明るくおバカキャラの優佳(ゆうか)
  • 小柄な妹キャラの文(あや)
  • シャイで内気な舞菜(まいな)

それぞれの心の中に夢や目標を持ち、アイドル活動を頑張っている彼女たち。

7人それぞれに素敵なのですが、今回は特に魅力的な3つのエピソードをご紹介します。

ぜひお気に入りのアイドルを見つけてみてくださいね。

 

① アイドルをあきらめない女の子・れお

ちゃむのリーダーでありセンター、五十嵐れおは、22歳。グループの最年長です。

彼女は、かつては別のアイドルグループに所属して活動していました。

その頃のれおはセンターではなく、端っこのポジションで踊るアイドルだったのです。

どちらかというと、ちゃむにおける舞菜に少し似た印象を持ちますね。

そんな彼女は前のグループが解散したあと、Cham Jamに参加することに。

センターを務め、最年長のリーダーとしてみんなをひっぱる姿に、同じメンバーである空音は尊敬と憧れの気持ちを抱くほどです。

「わたしたちは武道館にいこう」と、メンバーに笑顔で宣言し、「武道館」というアイドルとしての目標を共有させたリーダー・れお。

個性豊かなメンバーをまとめ、導く、カリスマ性を持つ女の子です。

しかし、彼女にも不安になる瞬間がありました。

アイドルフェスに参加し、ステージで輝く若いアイドルの女の子を見つめ、れおはつぶやきます。

「この子たちは何歳くらいなのかな?」

れおは22歳、アイドルとしての年齢は比較的高いほう。

10代前半の女の子達までもが活躍する世界の中で、不安になることもあるのです。

だけど、れおは諦めません。見てくれる人がいるから。

えりぴよのヲタ友達である30代男性・くまささんは、前のグループにいた頃からのれお推しヲタ。

彼女を信じ、支え、まっすぐについていきます。

夢をあきらめないれお、そして彼女の夢をあきらめないヲタの人たち。

その人たちの力が集まって、れおをアイドルとして輝かせ、そして彼女の夢を後押ししているのです。

 

②「アイドル」の存在意義・空音

えりぴよのヲタ友達である基さんは、いわゆる「ガチ恋勢」と呼ばれるタイプのヲタです。

恋愛に似た感情を抱いているので、推しに男の影が少しでも見えようものならもう大変。

ショックですし幻滅もしてしまうものです。

基さんの推しである空音にも、そんな事件が起こりました。

SNSで「空音が男といた」という目撃情報が流れたのです。

ちょうど人気投票をしていたCham Jamですが、れおに次ぐ人気メンバーだった空音の順位はぐんぐん下がっていきます。

実はこの件に関しては、後に誤解であることがわかるのでした。

空音に雰囲気が似ている女の子との見間違いだということが明らかになるのですが、不確かな噂であってもヲタの人たちのイメージはぐんぐんと落ちていってしまうのです。

アイドルである以上、恋愛は御法度。

たとえ恋愛禁止のルールが敷かれていなかったとしても、男性ファンの心情は穏やかではないものです。

しかも、空音のファンへの対応はいわゆる「ガチ恋を釣るタイプ」。

ファンの特徴をしっかり覚え、男性に本気で恋をさせてしまうような、特別感を持たせた対応をするのです。

アイドルとしての意識が強いメンバーから反発されながらも、そして時々SNSをエゴサーチして落ち込みながらも、空音はまっすぐに歩んでいきます。

印象的だったのは、アイドルとしてプロ意識の高い空音の姿。何があっても仕事にはしっかり向き合います。

いつもより並ぶ人が減った握手列からも目を逸らさず、来てくれた人にはいつもどおりまっすぐ向き合い、ちょっぴり期待を持たせてしまうような言葉を投げかけながら。

アイドルの存在意義は、やはり、夢を見せること。

アイドルを名乗る限り揺らぐことはないアイデンティティを、空音の姿から感じました。

 

③友情を超えた絆・眞妃&ゆめり

Cham Jamの前列に立つ人気メンバーである眞妃と、後列メンバーであるゆめり。

彼女たちはまた特別な関係性の2人です。

初めてのメンバー総選挙の中間発表を見て、ゆめりは驚きます。

いつも後列にいる、そこまで人気のないはずの自分が、3位になっている。

ゆめりは、「眞妃の後ろにいたい」と言います。

前列に立つより、眞妃の後ろである後列で、眞妃の背中を見て踊りたい。

しかし、ある日のライブで眞妃が「最新の順位の立ち位置で踊ってみよう」と提案します。

前列に立つゆめりは、自分を応援してくれるファンが、感激のあまり泣いていることに気づくのです。

ダンスの実力者でありながら、目立つポジションに立てずにいた彼女。

そんな彼女が、ようやくたくさんの人にダンスを見てもらえる機会を得ました。

応援してきたファンの感激もひとしお。

「わたしが前列に立つことで、あんなに喜んでくれる人がいる」。

ゆめりもまた、今までに見たことのない前列で見るサイリウムの輝きに胸を打たれます。

その日の帰り道、眞妃と一緒に帰途に着くゆめり。

ここでゆめりがどうして3位になれたのか、その原因が明らかになりました。

CDを買って、ゆめりに投票していたのは、眞妃だったのです。

眞妃は言います。「わたしはみんなにゆめのダンスを見て欲しかった」。

ゆめりのために投票をし、前列で踊るようなお膳立てをしたのも眞妃です。

たまった握手券を差し出して、「握手してもらえるかな?」と微笑む眞妃。

微笑み合うふたりの姿が印象的なシーンです。

総選挙からしばらく経ち、ゆめりは相変わらず後列メンバーの常連。

眞妃を後ろで見ていたいと、未だに少し控えめなゆめりに、眞妃は声をかけます。

「横に来な。これからはゆめがわたしの横にいるんだよ。」

大切な友人同士であり、切磋琢磨するメンバー。

しかし、眞妃とゆめりに流れる空気感は、それを超えたものを感じます。

お互いの存在があまりにも特別なものです。

眞妃の踊る姿をずっと見ていたいと願うゆめりの気持ちは、恋に似ていますね。

そしてゆめりの輝く姿を見て欲しい、そして隣で踊って欲しい、と願う眞妃の気持ちも、また恋のようなものであろうと思うのです。

 

【まとめ】オタクとアイドルは一蓮托生!「推しが武道館いってくれたら死ぬ」が伝えていること

ヲタって奥が深い。思わずそう唸ってしまう作品です。

私たちは彼らを「アイドルオタク」と一括りにしてしまいがちですが、ヲタにもいろいろな人がいます。

ライトにちょっとだけ会話を楽しみたい人あり、恋してしまう人あり、夢に寄り添う人あり、そして、自分の全てを捧げて推す人あり……。

そして、アイドルは、とてつもない努力の上に成り立つ存在。

自分たちの夢を追いかけながら、誰かの夢や憧れでいなければなりません。

アイドル好きな方は、ヲタに感情移入をしてアイドルを応援しながら。またアイドル好きでない方も、アイドルヲタになったような気分で、ぜひお楽しみください。

スポンサーリンク