【アクタージュ】第66話(最新話)「アリサの条件」のネタバレ&感想

アクタージュ

2019年5月27日発売の週刊少年ジャンプのアクタージュ第66話、最新話のあらすじやネタバレ、読んだ感想をまとめています。

スポンサーリンク

「アクタージュ」第66話のネタバレ

星アキラと百城千世子は、ジムで一緒にトレーニングをしています。

「このメンバーでダブルキャスト…信じられないな、よく実現したよ」と星アキラ。

「よく母さんが許したね」とアキラは千世子に話しかけます。「うん、駄々こねちゃった」と返す千世子。

「はは駄々?本当にそれだけ?」と言うアキラに対して、千世子は「うん、子供みたいに」と答えました。

アキラは「「好きにさせてくれないとスターズを辞める」って?」と千世子に問いかけます。

千世子は「私は王賀美さんとは違うよ」とアキラに返すのでした。

千世子に謝るアキラに対して、反抗期が遅れて来たってみんなが言ってると千世子は伝えます。

アキラは杉北祭での夜凪の映像を見て衝撃を受け、「僕もまだ変われる」と思い、海外に飛び立とうとしていたのです。

「だからって高飛び?安直」と、空港に見送りに来た千世子は言います。

「ダブルキャストほどじゃないよ」と返すアキラ。

千世子たちの公演までには帰るというアキラは、千世子に対して「千世子君。大丈夫だよ、君は誰にも負けはしない」と言うのでした。

驚いた千世子は「…それも当たり前だよ、アキラちゃん」と笑顔で答えるのでした。

「ちゃんはやめてくれ」と言いながら、アキラは海外に飛び立ちます。

千世子は次は自分が頑張る番だ、と思いながら、星アリサと天知との会話を思い出していました。

動画配信サイトでの公開の企画を見て、これがどういうことかわかっているのか?と星アリサは千世子に言います。負けたら大変なことになる、と。

なぜなら、ダブルキャストの舞台は動画配信サイトで世界中で同時公開されるので、人気が勝敗という形で数字に出るからです。

もし千世子が負ければ、「スターズが捨てた女(夜凪)」と「スターズを捨てた男(王賀美)」に「スターズの天使(千世子)が負ける」ということ。

「その時は全部奪われるだろうね、私の需要」と千世子は覚悟を決めている様子です。

「でも何もしなかったら私は2年で終わる。そうでしょう?」

星アリサはその言葉を聞いて、考えてから天知に条件を出します。

「千世子側の演出家を指名させなさい」

その演出家の元に集まる千世子サイドの出演者たち。そこにはデスアイランドの出演者の和歌月もいました。

初めて自分一人の力で勝ち取った気がする出演権の舞台に意気込む和歌月は、会議室の前で千世子に声をかけられます。

「高ぶる気持ちを静めるのに時間が欲しかった」という千世子と共に、和歌月は会議室に入るのでした。

そこにはなんと演出家として黒山がいました。黒山は夜凪サイドではなく、千世子サイドの演出家に選ばれていたのです。

「色々あって巻き込まれた…が仕方ねぇと思ってここにいる」という黒山。あまり機嫌が良くなさそうです。

黒山を始め、第一線で活躍する有名人ばかりが揃っていて緊張する和歌月。

黒山は、阿良也に対して演劇の稽古はどうすればいいのか、飲みにでも行くか?と言います。

阿良也は、「その前に読み合わせだろ?」と言って千世子との読み合わせを始めようとするのでした。

「羅刹女」の台本を読んでいる夜凪は、部屋のチャイムが鳴っているのに気づきません。

なんと、デスアイランドで共演した武光がやってきました。

武光は、夜凪が主演だと知らないで舞台のオーディションを受けていたのです。

巌裕次郎の舞台に立つのが夢の一つだったのにそれが叶わず、時間は有限だと思い知った武光は、迷わず今回のオーディションを受けることにしたのでした。

「これからはどんなチャンスも逃さない」と言う武光。

武光と夜凪は会議室にやってきましたが、待ち合わせの時間の2時間前に到着していました。

なら二人で読み合わせしよう!と勢いよく会議室の扉を開ける二人。

すると「遅ぇぞ新宿ガール」と言う声が。そこにはすでに王賀美がいたのです。

「ギンギンで眠れなくてよ。夜から待っていた」と王賀美。嬉しそうな武光と驚く夜凪。

夜からたった一人で会議室で待っていた王賀美は、「さぁ始めようか」と笑うのでした。

 

「アクタージュ」第66話の感想と考察

星アキラが出てきましたね!もうそれだけで今回は嬉しかったです(笑)

しかし成長したアキラ君、夜凪にまたまた影響を受けて海外に飛び立ってしまいました。

戻ってきたらすごいバイプレイヤーになってるとかなのかな?

他の人が成長しまくってるのに、アキラだけ成長しなかったら芝居についていけないですもんね。

そして、千世子もものすごい決意をしている様子なのがわかった今回のアクタージュ。

人気が数字で見える動画配信を行うことは、千世子にとって大きなリスクにもなっていたんですね。

もし負けたら千世子は需要が激減するとのこと。少なくとも今より確実に勢いが落ちることは間違いないですね。

そんな賭けに出るスターなんて普通はいないと思うのですが、まあそれが千世子のカッコいいところ!

個人的にはこのアクタージュは夜凪の物語なので、ここではいったん夜凪に負けてほしいんですけどね(笑)

千世子が負けたらそれはそれで面白いけど、今後のアクタージュが千世子の再起復活の物語にならざるを得ないじゃないですか…。

夜凪より千世子に焦点が当たってしまう展開にならないかな?とか思ったり。

一番のライバルの千世子が夜凪に敗北するのはまだ先でいいんじゃないかな、って思うのですが、どうでしょう。

もしくは、表面上では千世子が勝つけど、演技的には夜凪が上で、「私は夜凪さんに負けた」と千世子が心で敗北感を味わう展開とか。

これなら千世子の需要は今のままだけど、夜凪に負けたと感じて千世子がまた戦いを挑んでくる、という今後につながりそうです。

ちなみに、才能的には夜凪+王賀美の方が上なんじゃないかな~と私は思っています。王賀美の演技力はまだわからないけど、凄そうだし。

阿良也は天才的だけど、千世子の演技は魅せ方は上手でも表面的なものなので、演技力では夜凪の方が今は上な気がしますしね。

いや、夜凪の方が経験値的には弱いので、千世子の方が上な部分もあるかな?となるとやっぱりどっちが勝つか全くわからない状態です。

そして何よりも黒山が千世子サイドについている、というのが気になりますね。星アリサの決めた演出家が黒山ってのが驚いた。

夜凪は師匠まで敵サイドなのだから、やっぱりちょっとピンチかな。

ピンチになってる側の方が展開的に勝つ可能性があるので、今回は夜凪が勝つのかなぁ…あー先がすごく気になりますねコレ!

今は毎週のアクタージュが楽しみでしょうがないです。早く続きが読みたい!(笑)

 

「アクタージュ」ネタバレ記事のまとめ

第51話 第52話 第53話 第54話 第55話
第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
第61話 第62話 第63話 第64話 第65話
第66話 第67話 第68話 第69話 第70話

 

編集部ピックアップ記事

「アクタージュ」の星アキラはなぜこんなにもイケメンで魅力的なのか?ヒロインと呼ばれる理由を徹底解説

2019.03.18

ジャンプ漫画「アクタージュ」の夜凪景と百城千世子の魅力に迫る!

2018.10.18