【アクタージュ】第64話(最新話)「宣戦布告」のネタバレ&感想

アクタージュ

2019年5月13日発売の週刊少年ジャンプのアクタージュ第64話、最新話のあらすじやネタバレ、読んだ感想をまとめています。

スポンサーリンク

「アクタージュ」第64話のネタバレ

夜、公園に駆け足で向かう夜凪。千世子から呼び出されたので、密会のために公園に向かっていました。

「こんばんは夜凪さん。久しぶりだね」と千世子。

喜ぶ夜凪は、ペラペラと近況を千世子にしゃべりまくります。

前回の渋谷デートに引き続き、今回もデートだと思っていた夜凪は、スタバやカラオケに千世子と行くのだと思っていました。

しかし、千世子は黙っています。

「もしかして、まだきいていない?」

「私たちの次の仕事の話」と千世子。

「私たちって、もしかして私、また千世子ちゃんと共演ー」と言いかける夜凪を遮る千世子。

「ううん。共演じゃないよ。」

「ダブルキャスト。私と夜凪さんで同じ役を演じて、皆に見比べて貰う舞台。」

「夜凪さん、これはね、あなたじゃない」

「私が主人公だって証明するための舞台になる」と千世子は言うのでした。スゴイ自信…!

きょとんとしている夜凪に、千世子はたたみかけます。

「ねえ、夜凪さんは興味ない?私とあなた、どっちの芝居が上か」

昔、千世子と共演したことを思い出す夜凪。私と千世子ちゃん、どっちが上か。

「うん、私も知りたい。」と立ち上がる夜凪。

「演目は”羅刹女”(らせつにょ)。西遊記に孫悟空の敵として登場する天の風の神の架空の物語」

「新しい百城千世子を見せてあげる。覚悟してね、夜凪さん」と千世子は言うのでした。

一方、黒山は天知心一と共に、ある場所へ向かっていました。天知は、夜凪に対する戦略を反省していたのです。

「好いた女には好かれたい。だから戦略を変えようと」

「例えば、かつての共演者同士が共演して敵として現れたら、夜凪は喜んでくれるんじゃないかと」

この、かつての共演者であり敵、というのは千世子と阿良也のことでした。

「誰よりも上に立とうとするのが、主演俳優の業だからね」

千世子と阿良也が共演するのであって、夜凪の共演者は別にいます。二人はその共演者のところに向かっているのでした。

新宿御苑では、誰かが寝転んでいて周囲に人が群がっています。どうやら人気者が寝転んでいる様子。

その寝転んでいる男は、人が自分をパシャパシャと撮影しているので、うざそうに起き上がるのでした。

「モブがうじゃうじゃ、なんだこりゃ。この国じゃ、青空の下で昼寝することも許されねぇのか」

その人だかりを目安に、黒山と天知は目当ての男の居場所を突き止めます。

サインを頼むモブに、キレそうになるその人気者の男。「あ?お前誰にモノ頼んでんだ」とすごんでいました。

寝起きが悪くて野次馬に暴行、過去に何度かあったため、今不祥事は困るからと天知は止めようとします。

しかし、男は「お前ら運が良いなぁ」と言い、サインをしてあげているのでした。

そして、黒山と天知に男は声をかけます。「新宿ガールはお前が撮ったのか」と。

「よく分かったな、あれノンクレジットだったろ」という黒山に対し、「撮り方で分かる、俺はあんたの映画を知っている」と答える男。

男は、「俺の芝居は世界の財産だ」と言い出します。

たくさん賞を撮ったのが15の時、違約金を何億か払ってスターズを辞めたのが16の時。

「あれから10年、自分の出る作品は自分で選んでいる。なぜか分かるか、黒山墨字」

「ザコと芝居すんのは、自分という財産の浪費だから?」と聞く黒山。その言葉を聞いて、ニヤッと笑う男。

「わざわざ日本くんだりまで呼ばれて来たんだ。この俺に値する役者なんだろうな、あんたの新宿ガールは」

と言う男は、王賀美陸(26)という名前の映画俳優だったのでした。

 

「アクタージュ」第64話の感想と考察

今回、久々の夜凪&千世子デートが見られましたね!

しかし、前のラブラブな雰囲気というより、火花バチバチって感じでした…!

夜凪は千世子に好意を出しまくっていたのですが、千世子はそれをあまり見せず、ライバルとして宣戦布告しに来たという感じ。

「私が主人公だって証明するための舞台」って言ってますからね、千世子。

私が主役であんたは主役じゃないのよ、って夜凪に言いにきたみたいw さすがラスボス千世子です。

いかにもジャンプって感じの展開になってきましたね!

個人的にはこんな千世子はとてもカッコよくて好きです。夜凪も「受けて立つ!」って感じだったので良かったですね。

もうちょっと、二人のラブラブっぷりも見たかったのですがw

また、新しい人物が出てきました。夜凪の共演者となる、映画俳優の男。

どんな人物かはまだわからないですが、俺様な感じがします。すでに自由奔放な阿良也がいるのに、彼も自由奔放そう。

こんな我が道を行くような男二人が揃って、大丈夫なのかな…?って思っちゃいました(汗)

あとは、この新しいキャラの王賀美、できれば夜凪のことを好きにならないでほしいなぁ。

今のところ、星アキラも阿良也も夜凪に好意を抱いているわけで。王賀美までも夜凪を好きになったら、もはや逆ハーレム状態です。

ハーレム状態ってリアリティが少なくなってあまり好きじゃないので、できれば彼は夜凪のことを好き好き言い出さないでほしい。

それはもう、阿良也の立ち位置なわけですし。願わくばそんなことにならないよう…今後の展開に期待します!

 

「アクタージュ」ネタバレ記事のまとめ

第51話 第52話 第53話 第54話 第55話
第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
第61話 第62話 第63話 第64話 第65話

 

編集部ピックアップ記事

「アクタージュ」の星アキラはなぜこんなにもイケメンで魅力的なのか?ヒロインと呼ばれる理由を徹底解説

2019.03.18

ジャンプ漫画「アクタージュ」の夜凪景と百城千世子の魅力に迫る!

2018.10.18