【アクタージュ】第56話「隣の席の君」のネタバレ&感想

2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプのアクタージュ第56話、最新話のあらすじやネタバレ、読んだ感想をまとめています。

スポンサーリンク

「アクタージュ」第56話のネタバレ

「夜凪ちゃん、活動休止やて」

舞台やCMのオファーが殺到しているのに、それを全部断っている夜凪に驚く茜と真咲。

「でもお芝居はこっそりする予定です」とLINEを返し、夜凪は演技をやめたわけではないことを2人に伝えるのでした。

その時、夜凪は事務所で撮影機材を借りて、雪からいろいろ説明を受けていました。

「映画でも撮るつもりかよ」と黒山に言われ、夜凪は「そんな訳ない、学校の放送係になっただけ!」と慌てて取り繕います。

しかしその後、「映画部の皆で一緒に映画を撮って、お芝居も友達もできて一石二鳥とか思ってもないから!」と心の声を口に出してダダ漏れさせてしまうのでした(笑)

「全部言った」と心の中でツッコミを入れつつも心配する雪でしたが、黒山は「やめろっつってやめれる奴は役者じゃねぇしな」と言い、学校の友達と映画作りはありだなと言い、止めません。

学校で夜凪は、映画部の吉岡と自主映画「隣の席の君」を撮っています。

一人なのに堂々としている夜凪をいつも目で追っていた吉岡は、そんな”君”の一日を”僕”目線で描いた全4シーン10分の短編映画の撮影を始めました。

しかし18テイクも撮ったのに、機材は良くてもスタッフが不足しているため、満足できる映像を撮ることができません。

そこで夜凪は初めて、今まで大勢のスタッフに支えられていたからお芝居ができていたことを実感するのでした。

他の映画部の2人に手伝ってもらうことを提案する夜凪でしたが、2人は映画部を成り立たせるために名前だけ借りてる幽霊部員だから、手伝ってもらえるわけがないと吉岡は返します。

そこで、プロの人たちに手伝ってもらえばいいのか、と気づく夜凪。

吉岡はプロの手を借りることに賛同し、「これで夜凪さんに恥をかかせないで済む」とホッとしていました。

実はこの脚本は、吉岡が夜凪を見て書いたものであり、いつか夜凪で映画を撮りたいとずっと思っていたことを告げます。

「「いつか君で映画を撮りたい」そう思ってるうちに君は本当にプロになってしまって、メチャクチャ後悔した。もっと早く声をかけていれば、一緒に撮れたかもって。」そう言う吉岡は、プロになった夜凪が自分を相手にしてくれるはずがない、と諦めていたのです。

「勇気を出して声をかけて良かった」と吉岡は言い、今夜凪と映画を撮れることを本当に喜んでいました。

そんな吉岡を見た夜凪は、「やっぱりこの映画は私たちだけで撮る」と言います。

このままじゃ夜凪に恥をかかせるからプロのスタッフを呼ぼうという吉岡に対し、夜凪は「そんな撮り方をして作品が完成しても、私きっとその時あなたと喜べない」と言います。

吉岡も自分も同じで、「つい他人の心を想像して決めつけて…でもそれじゃ友達になんかなれない」と夜凪は気づきます。

夜凪は「私はただあなたと映画が撮りたいだけ。あなたと同じなの。プロとか素人とか知らないの。」と機材を吉岡から没収しました。

借りてきた機材ではなく、吉岡の買ったカメラで撮ろうと言い出す夜凪。

「私の知ってる演出家たちは皆、したいことをするために一生懸命だった。吉岡君もしたいように、撮りたいように私を撮って」と夜凪は言います。その言葉に心を動かされる吉岡。

そこで改めて吉岡のカメラで撮り直したところ、吉岡がずっと撮りたかった夜凪を撮ることができたのです。

2人の撮影を見て騒ぎ出す周りの生徒たち。それを見ていた朝陽ひなは、夜凪たちを見ていてイライラする、自分の性格が悪いのかなと思っていたのです。

しかし夜凪と吉岡は、2人が満足できるシーンが撮れたことを喜び、映画を完成させようと意気込むのでした。

 

「アクタージュ」第56話の感想と考察

今回は、比較的静かな回だったアクタージュ。

高校での映画部での撮影は、今までの映画や舞台とは打って変わって、規模の小さいお芝居になります。

でも、規模が小さいお芝居だとしても、意外と物語的に盛り上がることはできるんですよね。

高校の映画部編が、これからどのように盛り上がっていくのか楽しみだな~と思いました!

また、今まではたくさんの人たちに支えられてお芝居ができたことに夜凪が気づくシーンがあったのは良かったですね。

自分一人では決してお芝居はできない。たくさんのスタッフがいるからこそ、自分が演技をすることができる。

そういう役者として大事なことに気づくのも、夜凪の成長として必要なことだったのだと思います。

それにしても、夜凪は一度プロになって脚光を浴びたのに、吉岡君に対してちゃんと同級生の目線を崩さないところがいいですね!

現実だったら、「私売れたのよ、人気女優なのよ」みたいな鼻高々女になってしまう可能性もありますから……。

吉岡君のことをちゃんと尊重して大事にしようとする夜凪。

夜凪にはいつまでも、一般庶民目線を忘れない、謙虚な役者でいてほしいなと思います。

しかし吉岡君との恋物語を想像する読者もいたようですが、私は夜凪はあくまでも別キャラ(星アキラあたり?)と恋物語を展開していってほしいな~と思ってしまうのですが、どうでしょう。

まだまだ恋愛の話はなさそうですが、演技をする上においても恋愛感情は知っておかないといけない(恋愛する人物を演じられない)ので、夜凪はいつか恋をする必要があるとは思うんですよ。

なのでそのうち、いつかそのうち、夜凪の恋愛話も出てくると思うんですけどね。今回とは全然関係ない話だけど、その時が楽しみだな。

 

「アクタージュ」ネタバレ記事のまとめ

第51話 第52話 第53話 第54話 第55話
第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
第61話 第62話 第63話 第64話 第65話

 

編集部ピックアップ記事

【アクタージュ】第57話(最新話)「見学者」のネタバレ&感想

2019.03.18

「アクタージュ」の星アキラはなぜこんなにもイケメンで魅力的なのか?ヒロインと呼ばれる理由を徹底解説

2019.03.18

ジャンプ漫画「アクタージュ」の夜凪景と百城千世子の魅力に迫る!

2018.10.18