【アクタージュ】第55話「フツー」のネタバレ&感想

アクタージュ

2019年3月4日発売の週刊少年ジャンプのアクタージュ第55話、最新話のあらすじやネタバレ、読んだ感想をまとめています。

スポンサーリンク

「アクタージュ」第55話のネタバレ

学校祭準備期間中に進路調査書の提出を求められる学生たち。生徒たちは、みんなで進路について話し合っています。

そんな中、生徒の一人の朝陽ひなは、進路どころかもう働いているクラスメイト・夜凪景のことを考えていました。

「フツーに超美人で勉強も運動もフツーに出来て、なのにトイレもごはんもいつも一人の変人」朝陽は夜凪のことをそう認識しています。

最近芸能人になってよく学校を休んでて、才能ある奴は自由でいいな、と思っていました。

「協調性がないのは自分にしか興味ないからなんだろうな。恵まれ過ぎていて」と夜凪のことを思い込みで決めつけていたのです。

そんな中、急に夜凪が自分のそばに座って、「友達になりましょう」と言い出してきて朝陽は驚きます。

場面は変わって、1日前のスタジオ大黒天。黒山から、たくさん来ていたオファーは全部断り、仕事はないと言われてしまう夜凪。

黒山に、「お前にもう芝居はさせらんねぇ」と言われてしまいます。

「夜凪、もう気づいてんだろ。自分の中の違和感に。」

その時、星アリサから言われた「あなたがあなたでなくなる前兆よ。」と言われたことを思い出す夜凪。あの舞台の芝居から戻って来れてないんですかねぇ…。

それを抜きにしても、急成長した夜凪にはいよるハイエナ(天知心一)を心配して、いったん芝居をやめさせた黒山。

この先の夜凪の壁は、芝居以外にもあると言います。

「そんなの関係ない!私は役者なの。芝居をしてないと私はー」と夜凪が言い返すのを遮る黒山。

「自分の定義を増やせ。それが芝居を続ける条件だ。」と黒山は言います。これが夜凪をより強くする課題だ、と。

自分の定義を増やすという意味が分からないという夜凪に、黒山は分かりやすく言い直しました。

「学校で役者じゃねぇ”普通の友達”を作って来い。それまで役者業は休止。」と。

場面は教室に変わり、友達作りになぜか自信満々の夜凪。友達作りの本を参考にしつつ(笑)、すぐに友達を作ってヒゲ(黒山)を見返してやる、と意気込んでいました。

「私、料理好きでお弁当も自分で」と朝陽に話しかけるも、「…私、トイレ。」と去られてしまいます。

朝陽たちは、自分に今まで話しかけたことがなかったのに急に話しかけてきた夜凪を警戒します。

手作り料理をアピールしたので、「もしかして男狙いか」と勘違いされてしまいました。

そんな中、”芸能人としての”夜凪目当ての男子生徒たちが、夜凪にLINEを聞いてきます。

声をかけられて喜ぶ夜凪でしたが、なぜか他の友達と全然違う男子生徒たちの態度に「?」と困惑するのでした。

「夜凪さんのライン知ってるって自慢になるぞ」

「有名人だもんなー」

「星アキラと出来てるって嘘でしょ?彼氏いないよね?」

「いやマジかわいい。写真撮っていい?」

(こんな魂胆で近寄ってくるなんて失礼極まりない男子生徒たちです…。。)

「私の知ってる友達と、なんか違う……」と悩む夜凪。

一方朝陽は、同級生の花井遼馬に夜凪の愚痴を話しています。

でも、花井は全然興味を示しません。花井は、自分とつるんでると内申が下がるのに、なぜいつもそばに来るのか朝陽に聞きます。

「別に…いたいからいるだけだし。フツーに分かるでしょ、そーゆーの。」と顔を赤らめます。どうやら朝陽は花井のことが好きなようですね。

でも、花井は全然気づいていない様子です。

しかも、夜凪が芸能人になったことを伝えると、「マジそれカワイイ?夜凪って。」と夜凪の方に興味を持たれてしまいます。

「…別にフツーだよ」と焦る朝陽。夜凪のせいで今日は厄日だと落胆します。

一方夜凪は、友達が作れずに一人屋上で落ち込んでいました。

「皆なんか…遠いというか…。友達ってどうやって作るんだっけ。」と言いながら、今までできた友達を思い出しました。

そして、今までできた友達は自分と同じ役者だったから、同じ目的を持った人達だったから自分の気持ちをわかってくれたのだと気づきます。

でも、学校の皆は役者とは違います。

「私…”普通”が分からないんだ。役者なのに。」と気づく夜凪。そして、普通っていったい何なのかと悩みます。

そんな中、一人の少年が夜凪に話しかけました。

「はじめまして」と夜凪は返すも、自分は同じクラスメイトの吉岡で、16回もすれ違ったことがあると言われます。

夜凪に「映画は好きか」と質問する吉岡。夜凪は、家にはビデオがいっぱいあって、映画は好きだと伝えます。

自分も映画が好きだとものすごい熱意と勢いで伝えてくる吉岡に驚く夜凪でしたが、映画が好きな吉岡の存在にハッとします。

夜凪の頭に浮かんだのは、「友達作りのコツその1!共通の趣味を探せ!」。←おそらく本に書いてあったことでしょうね

そして、友達作りを成功させるべく吉岡や映画好きの人達と友達になろうとした夜凪は、映画部に入部してしまうのでした。

早速映画部の新入部員になって部室にやってきた夜凪。しかし、そこには朝陽と花井がいて……!

 

「アクタージュ」第55話の感想と考察

今回は今までと打って変わって、学校編となりましたね!

今まで映画や舞台などの芸能界の話ばかりだったので、急に学校の話になって少しビックリです。

でも、夜凪はあの舞台のお芝居から戻って来れていないようなので、確かにしばらく休ませないといけないですよね。。

黒山監督、ちゃんと夜凪を守ろうとしているのが良かったです。

そして、夜凪が女優としてこれから生きていくために、自分の定義を増やして強くさせようとしているのも良かったですね~!

それが「友達作り」なのですが、今まで一人で学校生活を送ってきた夜凪に急に友達を作るなんて、できるわけもなく……。。

そんな中、夜凪にむらがってきた男子生徒たちにムカつきましたw 

あれはいったいなんなのだ!有名人になったからって急に夜凪に近づいてきて、不純極まりないです。(でも現実はあんななのだろうか)

映画部への勧誘という別の目的で近づいてきた吉岡君ですが、彼は他の男子生徒たちとは違って、良い子そうな感じでしたね!

純粋に映画が好きで、夜凪に話しかけている感じが伝わってきました。

夜凪よりもはるかに背が低いので恋愛対象としては微妙ですが、夜凪の癒しの存在になってくれたらな~とか思ってしまいましたよ。

映画部に入ってしまった夜凪でしたが、演技止められてるのにいいんでしょうかね?

でも夜凪がお芝居やめたら漫画的にも話が進まないので、これから学校編の芝居がどうなっていくのか楽しみです!

しかし新キャラの朝陽ひなと夜凪、何か一波乱ありそうな予感……。簡単には仲良くならず、ドラマチックな展開を期待しております!

 

「アクタージュ」ネタバレ記事のまとめ

第51話 第52話 第53話 第54話 第55話
第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
第61話 第62話 第63話 第64話 第65話

 

編集部ピックアップ記事

【アクタージュ】第56話「隣の席の君」のネタバレ&感想

2019.03.22

【アクタージュ】第57話(最新話)「見学者」のネタバレ&感想

2019.03.18

「アクタージュ」の星アキラはなぜこんなにもイケメンで魅力的なのか?ヒロインと呼ばれる理由を徹底解説

2019.03.18

ジャンプ漫画「アクタージュ」の夜凪景と百城千世子の魅力に迫る!

2018.10.18