絶対観るべき!豊作すぎる面白い2018年秋アニメおすすめBest5

となりの吸血鬼さん

画像出典:アニメ「となりの吸血鬼さん」公式サイト

2018年秋アニメは、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』と『とある魔術の禁書目録』というラノベ界の二大巨塔の作品が同時期にアニメ化という、ファンには嬉しいラインナップになっています。

また、今期は「P.A.WORKS」の最新作『色づく世界の明日から』も放送され、面白そうな作品が目白押しですね。

アニメを300本ほど観てきた私ですが、アニオタの中には1000本以上も視聴している方々がいるので、その辺りと比べればそうでもないかもしれませんが……。

アニメを300本以上観てきたアニメ好きの私の視点で、本当に面白いと思える2018年秋アニメを5つご紹介します。

スポンサーリンク

【2018年秋アニメBest5位】アニマエール!

2018年秋アニメ第5位は、可愛い女の子たちがチアガールを目指して奮闘する、きららアニメ『アニマエール!』です。

 

『アニマエール!』のあらすじ

主人公の「鳩谷(はとや)こはね」は河川敷で見たチアガールに憧れ、高校入学と共にチア部に入ろうと決意しました。

しかし、こはねの高校にはチア部が無いことを知り、こはねは落胆。

そんな時、河川敷でチアを踊っていた少女の中でもとびきり輝いていた、「有馬(ありま)ひづめ」と知り合い、こはねはひづめにチア部の設立を求めるのですが……。

 

『アニマエール!』の見どころ

『アニマエール!』の見どころは、なんといっても主人公の「鳩谷こはね」が超かわいいところにあります。

ピンク色の髪の毛に天真爛漫でストレートな性格、小学生みたいなキャラなのに、高校生でチアに一生懸命というキャラクターが、きらら作品の主人公として完成されていますね。

もちろん、チアの才能がある「有馬ひづめ」も可愛いですが、こはねのきらら主人公としての魅力が段違いで、こはねを見るだけでも価値のある作品となっているはずです。

 

【2018年秋アニメBest4位】ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。

2018年秋アニメ第4位は、超美人で可愛い元天使の大悪魔「ベルゼブブ」と、そのお付きの青年「ミュリン」の天界での日常を描いた『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』です。

 

『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』のあらすじ

大悪魔「ベルゼブブ」に仕えることになった青年「ミュリン」は、憧れの美人悪魔ベルゼブブの側近になれたことを嬉しく思っていました。

しかし、実はベルゼブブは公務以外では可愛いもの好きのゆるふわ美少女だということを知り、想像していたベルゼブブ像とのギャップにミュリンは苦しむのでした。

 

『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』の見どころ

『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』の見どころは、こちらもベルゼブブが可愛い過ぎるところにあります。

ベルゼブブは仕事中は凛とした美人なのですが、日常ではもふもふした可愛いものが大好きな不思議少女で、もふもふしたものに囲まれて暮らすことに幸せを感じている点が可愛いですね。

想像していた高貴なベルゼブブと違い衝撃を受けたミュリンですが、次第に可愛いベルゼブブにときめいていく姿も見ものです。

 

【2018年秋アニメBest3位】うちのメイドがウザすぎる!

2018年秋アニメ第3位は、ロシアハーフの超絶美少女「高梨ミーシャ」のメイドがウザすぎる、『うちのメイドがウザすぎる!』です。

 

『うちのメイドがウザすぎる!』のあらすじ

元航空自衛隊一等空曹の「鴨居(かもい)つばめ」は体力抜群の28歳の女性ですが、極度の幼女好きで危ない精神性の持ち主でした。

自衛隊を辞めて職を探していた鴨居つばめは、ある日、ロシア人ハーフの超絶美少女「高梨ミーシャ」に一目惚れし、ミーシャの家が家政婦を探していることを知り、ミーシャのメイドになります。

ミーシャはこれまで、家政婦になった女性に嫌がらせをして追い出してきたのですが、鴨居つばめはこれまでの家政婦とは違い厄介だと悟り、距離を取ろうとするのですが……。

 

『うちのメイドがウザすぎる!』の見どころ

『うちのメイドがウザすぎる!』の見どころは、ミーシャが可愛いのはもちろん大きいですが、同時に鴨居つばめが変態すぎてミーシャをドン引きさせるところです。

ミーシャの部屋を覗くために近くの電柱に登ったり、ミーシャの学校に潜入するために小学生のコスプレをして上空からグライダーで突入する等、鴨居つばめの行動が破綻していて面白いですね。

可愛いミーシャとウザすぎるメイドのつばめの対比が笑え、特に深く考えなくても楽しめる作品となっています。

 

【2018年秋アニメBest2位】青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

2018年秋アニメ第2位は、芸能人の超絶美少女でエキセントリックな「桜島麻衣(さくらじままい)」という少女がヒロインの、『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』です。

 

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』のあらすじ

主人公の「梓川咲太(あずさがわさくた)」は、通っている高校の先輩であり芸能人でもある「桜島麻衣」が、バニーガール姿で徘徊している姿を目撃し、それ以来、桜島麻衣と交流するようになりました。

桜島麻衣は芸能界から距離をおいたことで、周囲から存在を認識されなくなっていくのですが……。

 

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の見どころ

本作の魅力は、王道黒髪ロング美少女の「桜島麻衣」が様々な表情を見せてくれ、次第に消えていく桜島麻衣を支えようとする梓川咲太の姿が胸を打つところです。

桜島麻衣が非常に可愛く、麻衣と共に行動する咲太が羨ましすぎるのも見ものですね。

 

【2018年秋アニメBest1位】となりの吸血鬼さん

2018年秋アニメ第1位は、可愛い吸血鬼が普通の暮らしをしながら友達と日常生活を送っていく『となりの吸血鬼さん』です。

 

『となりの吸血鬼さん』のあらすじ

人形好きの天然おとぼけ少女の「天野灯(あまのあかり)」は、ある日、生きた人形がいると噂される人形の館の話を聞き、森で迷ってしまいます。

そこで、灯は吸血鬼の「ソフィー・トワイライト」と出会い、彼女が噂の生きた人形だと知り、ソフィーの館で一緒に暮らしていくことにしました。

 

『となりの吸血鬼さん』の見どころ

『となりの吸血鬼さん』の見どころは、食事が血液で日の光に当たると消えてしまう吸血鬼の美少女ソフィーと、天然で何も考えていない灯が友達になるところが良いですね。

ソフィーは起きている間は夕暮れ~夜が多く、ネットやテレビ三昧のインドアな暮らしをしていたのですが、灯と友達になってからは少しずつ変わっていくのが素敵です。

ソフィーは『ガヴリールドロップアウト』の「ガヴリール」と少しキャラが似たところがありますが、声優も同じ「富田美優(とみたみゆ)」さんなので、ガヴのファンは間違いなく楽しめると思います。

 

【まとめ】オタク視点で2018年秋アニメを選んでみました

一位は『となりの吸血鬼さん』にしましたが、本当にソフィーと灯とその友達たちは見ているだけでほっこりするので、非常に良い作品だと思いますね。

もし0位を選出するとすれば、やはり『ソードアート・オンライン アリシゼーション』でしょう。

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』は全く次元の違う面白さなので、名実共に一番注目されている作品なのは間違いないですね。

しかし、それ以外にも2018年秋アニメは豊作なので、見逃さないようチェックしましょう。